レース回顧 #011

エルムステークスのレース回顧記事です。

f:id:gesschu_106:20220809081824j:image

エルムステークス【2022年8月7日札幌11R】出馬表、予想 | 競馬ラボ

出典元/ ©keibalab.jp

⬇️私の最終見解…

今週のメイン妙味が見込めそうなのは… | 人生あくびがでるくらいがちょうどいい!

レース質

1角までが短くペースは落ち着きやすいというのは勿論認識はしていましたが、900m通過が55.4秒は数値上ではミドルペースでしたが緩い流れ。捲りも決まりにくく差し馬には不利な流れ。

1着 フルデプスリーダー@S系【☆☆★★★】

『短縮・位置取り・延長・内枠』

△評価でしたが、好位追走から勝ちに動いて2.3着を押さえ込んで勝ち切った内容は非常に良かったかなと。ストレス疲労が気になるローテでしたけど、前走は接戦勝ちも先行策でしたし、今回は初重賞と鮮度もあったので乗り切れましたね。現状は非常に集中力あって充実してますね。体力面と成長力は少し微妙なヘニーヒューズ産駒なので今後どういった戦歴を刻んでいくのか気になりますね。一度休みを挟むとリセットされるので集中力も切れる可能性はあるかなと思います。上手くショックを使いたいので、評価するか否かは、今後のローテ次第ですね。

2着 ウェルドーン@S系【☆☆☆★★】

『短縮・一本調子・延長・内枠』

前走接戦負けで重賞鮮度もないので評価しませんでしたが、終わってみれば前走マリーンS組の1.2着馬決着というレースでした。明確にはわかりませんが、函館→札幌替わりが『楽』に感じやすいのと、好走馬の中3週というローテも、リズム優先のダート戦において『ちょうどいい』のかもしれませんね。

3着 オメガレインボー@S系【☆☆☆★★】

『短縮・人気落ち・位置取りショック』

マリーンS1人4着と軽い凡走でストレス疲労少なかったけど、やや活性化不足で有効なショックがない中での格上げだったので評価できませんでした。まぁしかし纏まり感が凄いので今後も狙うなら人気落ちでとなるのかなと思います。

4着 ブラッティキッド@S系【☆☆☆★★】

『一本調子・短縮・連チャン切れ』

この馬なりに集中していたとは思いますが、今回の中1週の間隔詰めと生温い少頭数からの臨戦だと投げだす可能性の方が高いかなと考えていましたが、こちらの想像以上に踏ん張れたかなと。鮮度もあったかとは思いますが、いい馬質の可能性を秘めているかもなので、今後も大事に使って欲しいなと。

5着 ロードレガリ@L系【☆☆☆★★】

『テン遅い・延長・相手弱化』

位置取れず…捲りもできず…。いやー動けると思ったけど案外でしたね。結局は矯めた分だけ伸びてきましたが、物理的にあそこまでが限界で。ハーツクライ産駒ですけどL系っぽい挙動を多くみせてる感じなので活性化も必要ですが、この馬はどちらかというと延長ローテで追走面で楽に感じて走ってくるタイプかもですね。しかも自身が人気のときに…

7着 ブラックアーメット@S系【☆☆☆☆★】

『テン遅い・均衡・軽い砂質』

差し馬として少し妙味あるかなと考え△評価を与えましたが、0.8秒差の7着と巻き返すことはできませんでした。やっぱりブラックタイド産駒は凡走からの巻き返しに苦労するタイプで、同馬もそのような状態にあるのかなと。あとはダート向きのダッシュ力に乏しいので軽い砂質であった方が良いのでしょう。

8着 アイオライト@S系【☆☆☆☆★】

『均衡・蓄積疲労・ダウン・少頭数』

蓄積疲労にやや弱いローレルゲレイロ産駒が前走の少頭数のレースを接戦勝ち直後の、格上げ戦の頭数アップなら厳しいタイミング。逃げる位置取りショックにも反応できず0.8秒差8着。使い続けているので一度休養してリフレッシュした方が良さそう。

9着 スワーヴアラミス@M系【☆☆☆☆★】

『ダウン・人気落ち・活性化欲しい』

加齢や重賞鮮度の枯渇により纏まり感が強くでており人気に従順なイメージ。今回は格下げ戦とはいえ活性化不足も顕著で人気もアップなら好走は厳しい。今後もダウンかつ纏まりの人気落ちの時にだけ警戒すればいいのでは。

12着 アメリカンシード@S系【☆☆☆☆★】

『調整失敗・均衡・逃げるカード保有

休み明けリフレッシュされ、番手で折り合えばこの馬のスピードとパワーが最大限に活きるタイミングかなと考えましたが…8ヶ月の休み明けにもかかわらず馬体重が8kg減少と調整失敗。前にも行けず何も出来ませんでしたね。ただストレス疲労少ない状態で逃げるカード保有しているので今後の穴での激走には注意が必要かなと考えてます。